受験資格について

学校を卒業してから、いったんは民間の企業などに就職したものの、やはり公務員になりたいという以前の夢を捨てきれない、公務員となって、経済的な安定性を手に入れたい、これまでの職務経歴を活かして公務員になり、社会に貢献したいなどという思いを持つ人は少なからず見受けられます。

ただ、これらの気持ちがありながらも、公務員試験には年齢制限があるのではないか、一度民間企業に就職した場合、受験資格が得られないのではないかという疑問や不安を持つ人も存在するはずです。これらの疑問や不安を解消するためには、公務員試験に関する正確な情報を収集することが大切なファクターとなります。

公務員試験を受験する資格は、いったん社会に出た人でも、得ることが可能になります。また、公務員試験には年齢制限は設けられていますが、そのハードルが低い試験も存在します。例えば、一般枠の公務員試験は、大卒程度の受験者を対象として行なわれる試験で、年齢制限は主に21~30歳程度までですが、30歳以上でも受験することが可能な試験もあります。また、経験者採用試験は、主として27~60歳未満までと受験者の年齢が制限されていますが、年齢制限がない試験もあります。